不動産にも影響する|汚染レベルを土壌汚染調査でチェック

環境に関する調査サービス

作業員

土地の価格にも好影響

環境について意識が高まっている現在、土壌汚染調査が各地で人気を得ています。土壌汚染調査は、土壌中の汚染レベルを調べる調査です。人体に悪影響を及ぼす有害物質などが含まれていると、土壌を改良する作業が求められてきます。土壌の汚染レベルは、不動産を売買する際にも重要になる点です。土壌汚染調査で異常がないと分かれば、不動産の価値を下げずに取引が出来ます。化学物質などを大量に使していた事業所の跡地は、不動産取引の際にも大体において土壌汚染調査が必要になります。土壌汚染調査を実施すれば、買い手にも安心感が与えられます。環境面の安全性を保証するために、土壌汚染調査は大いに役立っている状況です。土地の価値を維持出来るのが、土壌汚染調査サービスの魅力です。

軽視出来ない周囲の不安

生産ラインを担う事業所などは、周辺の住民に一抹の不安を生じさせます。こういった不安を解消するためにも、土壌汚染調査は有効です。周囲に与える影響は、ビジネスを進める際にも軽視出来ない問題です。土壌汚染調査を行えば、結果の公表などを通じて周辺の住民からも一定の信頼が得られます。未調査の状態は色々な憶測が生じやすく、積極的な土壌汚染調査が推奨されます。後の不動産取引などを考えた場合、調査は早いほど効果があります。噂や憶測が生じないうちに、手を打つのが賢明な方法です。調査にはある程度費用がかかりますが、いわば社会的な信用を得るための必要経費と言えます。極力不安を与えないよう、早めの調査で対応をしていきます。

軟弱な土壌は危険

災害から命と財産を守る為には頑丈な家を建てるだけではなく、強固な地盤に家を建てることが大切になります。いくら家が頑丈であっても地盤が弱ければ土台が傾いてしまうこともあります。家を建てる前に地盤調査をしておくと安心です。仮に地盤が弱くても地盤改良工事をすれば地盤を強くすることもできます。

地盤を調査する載荷試験

地面に荷重をかける平板載荷試験の目的は、その場所の地盤がどれだけ頑丈で災害に強いかを調べるためです。平板を使って荷重をかけ、その沈下の具合で判断するので、天候に気を使って試験を実施しなければならないことを知っておきましょう。

家を守るための重要課題

購入した土地に液状化の不安がある場合は、業者に依頼しその土地の地盤に適切な液状化対策を行いましょう。液状化対策を確実に行うためには事前の地盤調査が重要ですが、多くの業者は調査精度の高いSDS試験を導入しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加