不動産にも影響する|汚染レベルを土壌汚染調査でチェック

家を守るための重要課題

工事

その土地に適した工法で

土地を購入して一戸建てを建てる際には、地震などの不測の事態に遭遇した時に備え、液状化対策を施しておくことが大切です。ひとたびお住まいの地域で液状化現象が起これば、小規模な戸建て住宅の基礎ではひとたまりもありません。一生の住まいをしっかりと守るため、現在は住宅建築において液状化対策が非常に重要な課題となっています。液状化の恐れのある土地を強固な地盤に改良するためには、地盤改良施工を行う業者へ依頼することが確実です。地盤調査からその土地に必要な工法を適切に選択し、安全な土地へと改良してもらえます。現在は様々な工法が確立されているため、どのような土地でも確実な液状化対策が行えるようになっています。地震による家の被害は振動や揺れによるものとは限らないので、液状化の影響もしっかりと考えておきましょう。

SDS試験で確実に調査

液状化対策を行う際には、まず地盤の状況を見極めるためにも、調査を正確に行う必要があります。土地の性質に合った適切な工法で液状化対策を行うためには、何よりも地盤調査の精度が重要となります。現在は多くの業者でSDS試験と呼ばれる調査方式が採用されており、より細かに土壌の状態を確認することができるようになっています。SDS試験は、複数の土層を判別しながら調査することが可能なため、一度の調査で多くの情報を収集することができます。液状化対策を確実に行うなら、SDS試験を取り入れている業者に依頼するのも良いでしょう。コスト面でも従来の試験方式と比べて大きな開きがないため、金銭的な負担が大幅に増すようなことはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加