不動産にも影響する|汚染レベルを土壌汚染調査でチェック

地盤を調査する載荷試験

作業者

平板載荷試験は地盤がどれだけ荷重に耐えることができるかをしらべる調査です。水はけが悪いところなどで重要視されている試験であり、その目的は将来どれだけ土砂災害などが起こるかを知ることにあります。よくない結果が出たとしてもいまの地盤改良技術はかなり向上しているので安心です。平板載荷試験はおおよそ直径300ミリの平板に必要支持力の3倍の荷重をかけていきます。その際の沈下の具合を見て判断し、その土地がどれだけ荷重に耐えられるかを調べるのです。これは報告書をしっかり届け出なければならないので、正確な記録を残すように心がけましょう。この試験は安全のためのものであり、結果的にかかるコストを抑えるためのものです。そうした目的をしっかり把握し、平板載荷試験を確実に実施しましょう。

地面に荷重をかける平板載荷試験を行う際には、天候などに気を使わなければならないことを知っておきましょう。平板載荷試験は平板に荷重をかけて、その沈下の具合で判断する試験です。そのため雨が続いて地盤が緩んでいたり、晴れが続いてひび割れをしていると正確なデータが出てきません。必要な機材と人材をそろえるのは重要ですが、それだけでなく天候にも気を使いましょう。ジャッキで荷重をかけて得られる結果は、その荷重をかけた狭い部分だけです。基礎で影響される部分に比べるとかなり小さな範囲しかわからないので、平板載荷試験の結果が良かったからといって油断しないように気をつけましょう。専門業者に依頼する際はそのあたりの確認もしっかり行うべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加