不動産にも影響する|汚染レベルを土壌汚染調査でチェック

軟弱な土壌は危険

工事現場

災害に強い家を建てる

日本のどこでも大きな地震が起こる可能性があります。その為地震被害から命や財産を守る為地震に強い構造の家を建てる人が増えてきました。しかし被害にあわない為には地震に強い家を選ぶだけではなく、地震に強い強固な地盤に建てることが大切になってきます。頑丈な家でも地盤が弱いと揺れがひどくなります。また液状化してしまうと家の土台部分から傾いてしまうこともあります。家や店舗を建てる前にしておきたいことが地盤調査です。地盤調査は以前はボーリング調査が主流で費用も高かったのですが、現在は他の方法が開発されており費用も安くなりました。地盤調査して問題ない事がわかれば安心して家を建てることができます。また問題があるようなら地盤改良工事をすることで地盤の強度を高めることができます。

見積をとる

地盤調査は専門の業者に依頼して行いますが、今まで依頼したことがない為どのようなところに頼んだら良いかわからないという人が少なくありません。地盤によって向いている調査方法が違う為、1つの業者に最初から決めてしまうのではなく複数の業者から事前に見積もりを取って行った方が良いでしょう。見積もりは無料のところもあり、調査方法も詳しく説明してもらえるので安心です。費用は地盤調査の方法や調べる土地の広さによって違いますが、安い場合には3万円程度で行うことができます。家族の命を守る為には必要な費用と言えるでしょう。分譲地の場合にはあらかじめ地盤調査が行われていますが、中にはさらに慎重を期すため自分で地盤調査を依頼してから購入する人もいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加